Kurapyのよろず日記 ホーム »trip
カテゴリー「trip」の記事一覧

大阪出張  

大阪へ行ってきました。
20140122_osaka_b_trip_1
7時9分ののぞみ7号で日帰り出張です。


2年ぶりの大阪です。


Wifeは「大阪行くの!土産お願いね♪」・・・・・だって(笑)


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: trip

tb: 0   cm: 2

北海道旅行(その5) ノーザンホースパーク  

---------------- 北海道旅行記 その5 ----------------------


今年もノーザンホースパークへ行きました。


この15年間に10回ほど北海道に行ってます。
そのたびに毎回訪れるのがノーザンホースパークです。


私は競馬はやらないのですが、最初に北海道へ行ったとき、ノーザン
ホースパークへ行ってから、北海道へ行ったら必ずノーザン、となって
しまいました。



新千歳空港から近く、空港から無料シャトルバスも出ています。





n_horse_p1
可愛い看板が目印です。入場料は500円です。
知り合いから入場券を入手できるので毎年タダで入場できます♪





n_horse_p2
入口を進むとこの先に第1駐車場があります。

この道に入ると、毎年の記憶が蘇ります♪第2駐車場は少し離れた
ところになります。

まるで外国の公園みたいでしょ♪





n_horse_p3
レンタルサイクル、レンタル自動カートを借りて移動すると楽ですヨ!





n_horse_p4
緑が広がる敷地内には自転車で自由に走れます。
でも、足元には注意が必要です。
馬の「落し物」が道の真ん中に落ちていることがありますから
また、馬車が優先です。馬が通ったら道を譲りましょう。





n_horse_p5
馬車や乗馬も楽しめて身近に馬と触れあえます。





n_horse_p10
パーク内には色々なアクティビティがあります。
パターゴルフは広い敷地内で気持ちよく気軽に楽しめます。





ノーザンホースパークは社台グループが経営していて有名な産駒を多く
送り出しています。
ノーザンホースパークにも引退後のGⅠ優勝馬がいました。



n_horse_p6-1
n_horse_p6-2
トウカイポイントです。名前を聞いたことがあります。
調べてみたらすごい名馬なんですね!


トウカイテイオーの仔でGⅠマイルチャンピオンシップに優勝しています。


でも、気性があらく去勢されてせん馬となっています


種牡馬にはならず、ノーザンホースパークで乗馬、競技会に出ています。
詳しくはこちらへどうぞ!





n_horse_p7-1
n_horse_p7-2
障害競走で優勝しているブランデイズです。この馬もせん馬です。
気のせいか穏やかな顔をしています。

今回、色々調べて「せん馬」の存在を知ったのですが、ちょっと考えると
人間の都合で去勢させられるのは・・・・?なんて思います。

でも競馬の世界では常識なんでしょうね。




社台グループは知る人ぞ知る有名な産駒を送り出しています。
著名な馬達を展示パネルで紹介してるホースギャラリーがあります。



n_horse_p8
誰でも知っているディープインパクトです。
現在は社台スタリオンステーションで種牡馬として活躍しています。





n_horse_p9
現役のブエナビスタです。最強の牝馬です。





ということで写真ではなく本物のディープインパクトに会ってきました!







shadai_s_station1
ノーザンホースパークから車で10分ほどで社台スタリオンステーション
見学場に到着です。





shadai_s_station2
午前中はディープインパクト、午後はトウカイテイオーなどの
超一流種牡馬が直接見られます。でも一般の公開の時間は5分足らずです





shadai_s_station3
この柵はディープインパクト専用です。名前の札が掛っていました。
ここで一般公開をします。

ディープインパクトは本当に小柄でした。どこにあの爆発力があるのかしらん?と
思ってしまうほどです。

仔馬のころは小柄でセリで値がつかなかったそうです。

ディープインパクト出現以降は小柄な仔馬でも買主がつくようになったそうです。






shadai_s_station4
見学場を出て少し行くと社台スタリオンステーション事務所があります。


ここから先は一般の人は入れません。


ディープインパクト、クロフネ、シンボリクリスエス、トウカイテイオー
マンハッタンカフェなどなど、競馬をやらない私でも聞いたことがある有名な
馬が暮らしています。


涼しい北海道で、広い敷地でストレスなく過ごして多くの優秀な産駒を送り続ける
でしょう。





今年の北海道旅行は、
(1)美瑛&富良野の自然満喫ドライブ
(2)社台ファームでディープインパクトに会う

が目的でした。


天候に恵まれてどちらも目標達成できて充実した旅行でした


category: trip

tb: 0   cm: 0

北海道旅行(その4) 富良野#2  

---------------- 北海道旅行記 その4 ----------------------


バター造り体験と麓郷展望台へ行きました。




f_cheese1
富良野チーズ工房へ行きました。いろいろな乳製品の手造り体験ができます。





f_cheese2
バター造りにチャレンジです。

材料は・・・
◆動物性生クリーム120g
◆牛乳 200CC
◆塩 適量

道具は
◆ザルとフキン
◆ペーパータオル
◆まな板とヘラ





f_cheese3
動物性生クリームと牛乳を、インスタントコーヒーのビンに入れて
ひたすら振ります。
無心に振ります、振ります、振ります、振ります・・・・・・





f_cheese4
徐々に塊ができてきました。もうひと踏ん張りです。さらに振ります。
腕がだるくなってきました・・・・





f_cheese5
ここまで固まったらOKです。





f_cheese6
ザルにフキンをかぶせて、そこに出来上がった塊を出して軽く水を流します。
水気を切ります。フキンに包んで軽く絞ります。
あくまで軽くです。





f_cheese7
まな板の上に出して、ヘラで軽く押さえてさらに水気を切ります。
無塩バターが出来上がりました。
味見です。~ん!美味しい





f_cheese8
味見をしながら塩を加えます。好みの塩の濃さに仕上げます。
軽く混ぜて出来あがり。





f_cheese9
ヘラでバターを器に移して完成です。
これなら自宅でもできそうですね♪





チーズ工房をあとにして周囲の見晴らしがよい麓郷展望台を目指します。
今回の富良野は麓郷の森には行きませんでした。


麓郷の森は数年前に行っているので今回はパスです。


本当の理由は「北の国から」をあまり見ていなかったのが大きな理由です




rokugoutenbou5
途中、川をのぞいたのですが水がとても綺麗でした。それに冷たい!
快適なドライブが続きます。
カーナビも「このまま道なりにしばらく進みます♪」と20kmほど
詳しい説明はありません。





rokugoutenbou2
麓郷展望台に着きました。途中、砂利道も通りなかなか楽しかったです。
ここは標高500mで、見晴らしが最高です。





rokugoutenbou3
遠くに見えるのが富良野スキー場です。
雲が出てきて、雨がパラパラ降ってきました。





rokugoutenbou1
やはり、ここにも綺麗な花が植えられています。



今回は旭川空港で北海道入りして美瑛 → 富良野と回りました。
一番の目的は、北海道の雄大な自然に触れ合い、快適なドライブを
楽しむことです。


天気にも恵まれて、渋滞も事故もなく楽しい美瑛、富良野めぐりでした。


この後、JR旭川駅まで戻って、特急スーパーカムイで千歳、苫小牧方面
へ電車で移動です。


category: trip

tb: 0   cm: 0

北海道旅行(その3) 富良野  

---------------- 北海道旅行記 その3 ----------------------

富良野へ行きました。


旭川空港でレンタカーを借りて、旭山動物園 → 美瑛とまわり、富良野まで
下りました。




f_tomita1
富良野といえばファーム富田ですネ♪
数年前に訪れた時より、規模が大きくなってました。
立派な看板があり、観光バスも沢山停まっていました。
だいぶ儲かっているんだね!なんで下衆の勘ぐり的な話しを
しちゃいました




f_tomita2
木陰の小路を進みます。木陰はとっても涼しいです。
小路の両側に花が咲き揃っています。





f_tomita3
f_tomita4
f_tomita5
沢山の花々が咲いています。
時期的(8月中旬)にラベンダーは終わりなのですが、このときはまだ
少し残っていてイイ香りが漂っていました。
ラベンダーは7月の中旬から終わりごろが見ごろなので、お盆休みに北海道
へ行くのでいつも見ることができません。





n_cntry1
ここが宿泊したノースカントリーです。小さなロッジです。
富良野プリンスの麓にあります。
駐車している車は圧倒的に「わ」ナンバーが多いです。
雲が出てきましたが雨は降りませんでした。





n_cntry3
夕食です。チーズフォンデュ―と、この写真の洋風懐石がメニューです。
ワインのハーフボトルがサービスでつきました。

左上から時計回り方向に・・・
◆ホタテ、鮭、エビのフライ
◆エビのゼリー寄せ
◆鮭のマリネ
◆いもモチ(たぶん・・?)のクリーム煮
◆洋風茶碗蒸しみたいなもの
◆チキン照り焼き&ポテト
◆ナスとズッキーニのラタトゥイユ

ボリュームたっぷりの夕食でした。





n_cntry2
翌日は朝から快晴です。
ロッジの正面は富良野スキー場です。富良野プリンスもここにあります。
3日前に「ヒグマが目撃されたので早朝、夜はご注意ください」の貼り紙が
あったので早朝のwalkingは止めました




富良野に1泊して、翌日は近辺をドライブしてJR旭川駅でレンタカーを乗り捨てて
苫小牧までJRで行く行程です。





category: trip

tb: 0   cm: 2

北海道旅行(その2) 美瑛  




---------------- 北海道旅行記 その2 ----------------------

美瑛へ行きました。

biei1
緑に囲まれた道を進みます。交通量が少なく、ついついスピードが
出てしまします。安全運転で行かなくては・・・・


でも、ゆっくり走っていると地元のドライバーにあおられます(汗)
「わ」ナンバーでレンタカーとわかるとなおさらです。


気づいたのですが、北海道のドライバーはウィンカーを出さない人が
多いですネ。何回か急に割り込んできてビックリしました。





biei2
パッチワークの丘です。
丘を遠目で見ると色々な色で構成されているのでパッチワークと命名
したのでしょうか。金色の部分は麦畑のようです。





biei3
セブンスターの木です。
1976年にたばこの「セブンスター」のパッケージに使用されたことから
名づけられました。





biei4
こちらはケンとメリーの木です。
1973年に日産スカイラインのCMに使用したことから名づけられました。





セブンスターのパッケージやケンメリのスカイラインを知っている人はどの位
いるのかしらん?





biei6
麓まで降りてきました。美瑛駅です。小さな駅です。





biei7
列車が来ました!2両編成のディーゼルです。
そういえば、北海道の地元の人々は「電車」とは言わずに「汽車」と言うんですね。
早速φ(.. )メモメモです。




biei5
四季の丘で休憩しました。
色々な花が、絨毯のように並んでいます。
遠くから見るとまるで絵に描いたような風景です。
四季の丘の詳しい情報はこちらでどうぞ



涼しい気候と広大な丘を車で巡ってストレスのないドライブを楽しめました♪


category: trip

tb: 0   cm: 2

プロフィール

訪問者数

カレンダー

what's new !

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

全記事表示リンク

▲ Pagetop