Kurapyのよろず日記 ホーム » 横浜みどころ、行きどころ »伊藤博文公の別邸

伊藤博文公の別邸  

野島公園敷地内にある旧伊藤博文公の別邸に寄ってみました。
ito_h_bessou1
明治時代の萱葺屋根の海浜別荘建築です。
入場は無料。館館時間は9時30分から16時30分(7、8月は17時30分)







ito_h_bessou3
2006年に横浜市指定有形文化財に指定されました。
玄関です。入口には小6畳の部屋があります。







ito_h_bessou4
海沿いの廊下が続きます。ガラスの引き戸が新鮮です。
庭とその向こうには海が一望できます。







ito_h_bessou5
客間です。天皇家の高貴なお客様が過ごされたそうです。
12畳の部屋が2部屋続いています。







ito_h_bessou6
居間です。玄関から一番奥に位置します。
どの部屋からも明治時代を感じることができます。







ito_h_bessou7
庭から居間、客間を眺めてみました。
葉山、大磯が別荘地として有名になるまえは金沢地域は東京近郊の別荘地
として栄えたそうです。







ito_h_bessou8
伊藤博文公の写真が展示されています。
1865年(慶応元年)24才の博文公です。
一緒に映っているのは高杉晋作です。(中央)







ito_h_bessou9
1868年(明治元年)まだ脇差を携え、髷を結っているんですネ。







ito_h_bessou0
この写真は千円札でよく目にした肖像です。







萱葺の建物、室内、掛け軸などの装飾品が、明治維新の倒幕運動時代の
息吹を感じることができて想像をかきたてます。



自由に室内を見学できます。一度訪れることをお勧めします。









スポンサーサイト

category: 横浜みどころ、行きどころ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurapypapa.blog81.fc2.com/tb.php/134-4091810a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

訪問者数

カレンダー

what's new !

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

全記事表示リンク

▲ Pagetop