Kurapyのよろず日記 ホーム » food »ししゃも

ししゃも  

北海道鵡川のししゃもが届きました。
sishamo1
姪が鵡川に嫁いでいます。



鵡川は「むかわ」と読みます。ししゃもの名産地です。



箱を開けてみました。生干しししゃもの目刺です。
sishamo2
本ししゃもの漁期は産卵のため川に遡る10月から11月半ばまで。今が「旬」です。
まさに今が食べごろなんですネ。



今年の夏に北海道へ行ったときに姪がししゃもを御馳走してくれました。



とても美味しかったのですが、旬の時期ではなかったので彼女にしてみれば納得できる
味ではなく、今回本物の味を知らせるために贈ってくれたようです(感謝!感謝!)



ところで、ししゃもを漢字で書くと「柳葉魚」と書きます。



「飢餓で食料が無いとき、女神が柳の葉を鵡川に流してそれがししゃもに変わった」
という伝説があるそうです。
語源はアイヌ語の「スス」=柳、「ハム」=葉が「ススハム」⇒「シシャモ」に変わりました。
だから「柳葉魚」と書くんですネφ(.. )メモメモ



さっそく御馳走になります。焼く前にししゃもをよーく見てみました。
sishamo3
身が艶々しています。




上がオス、下がメスです。腹ビレが大きいのがオスです。





フライパンにクッキングシートを敷いて弱火~中火で焼きます。
うっすら焦げ目が付いたら出来上がり
sishamo5
上手に焼けました。





すべての命に感謝していただきま~す!
sishamo4
メスは卵がギッシリ詰まっています。
身はアッサリしています。卵に栄養分が吸い取られてしまったんでしょうね。




オスは脂がのってコクがありました。



スーパーでししゃもとして売っているのは、ほとんどが「カペリン」というカラフトししゃもです。
これとは違う味の濃い、魚本来の味がする本物のししゃもを堪能できました。




味覚の秋を満喫です


スポンサーサイト

category: food

tb: 0   cm: 2

コメント

やっこさんへ
ししゃものオスは肉があつく「魚!」って感じでした。
スーパーで売っているししゃもは卵がいっぱいでそれはそれで
美味しいですが、魚の身の味がしないなぁ、と感じました。

北海道の食材はよく送ってもらっています。
おかげで我が家は北海道の食材が豊富です♪
イクラ、たらこの味にはうるさい家族でーす(笑)

Kurapy #kuX..F9k | URL
2011/11/10 22:12 | edit

いつも食べてるのは・・・

北海道のシシャモ、やっこも食べたことがあります。
いつもスーパーで食べてるのはシシャモじゃないと言われてびっくりです。
子持ちシシャモばかりで、オスはいないかと思っていました(笑)
美味しいものを送って下さる姪っ子さんがいて幸せですね~!

やっこ #JalddpaA | URL
2011/11/10 18:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurapypapa.blog81.fc2.com/tb.php/158-33e456fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

訪問者数

カレンダー

what's new !

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

全記事表示リンク

▲ Pagetop