Kurapyのよろず日記 ホーム » food »梅干作り

梅干作り  

梅雨が明けて梅干を干す時期になりました。
我家の梅干作りをご紹介しますね。(実際に作るのはwifeです)


umeboshi1
梅は自家製の梅を使います。今年の梅は7kgの収穫です。
長袖シャツ、長ズボン、帽子着用で梅雨時期の作業なので汗だくです。

収穫の時の様子はこんな感じでした。



umeboshi2
綺麗な梅です。
まだ少し青いけど天気のいい週末を狙って収穫しちゃいます。
梅雨なので次の週末が晴れとは限らないので、晴れなら迷わずGo!です。



umeboshi3
収穫後、1週間ほどザルに入れて室内bに放置しておきます。
するとこのように少し黄色く色づいてきました。
八百屋さんの梅と違って少々の汚れ、傷があっても気にしません。
水洗いをしてヘタや汚れを取り除きます。



umeboshi4
お塩と焼酎にからめます。
お塩は梅の20%の量、焼酎は度数35度の梅干用の焼酎を使います。



umeboshi5
お塩と焼酎を混ぜて、梅にからませながらプラスチック製の樽に
漬け込みます。この樽は、冬は白菜を漬ける時にも使うんですよ。



umeboshi6
ビニールの袋をかぶせて、8Kgの重石をのせて樽全体に大きな
ビニール袋をかぶせて日陰に置いて漬け込みます。
重石は3日ほどで取り去ります。
重石も白菜用の物を流用しちゃいます。
そのまま梅雨が明けるまで屋外の日陰に置いて漬け込みます。


梅雨が明けました!

樽をビニールから出します。
umeboshi7
しっかり漬かってます。色も梅干らしくなってますね。
梅酢も出ています。(樽にある汁です)
梅酢はおにぎりを作る時のお塩の代わりにもしているんですよ。

漬け込むときに赤シソを入れると、この段階で赤い梅干しになります。
今年は赤シソは入れないでシンプルに仕上げました。



umeboshi8
スノコに広げて3日ほど天日に干します。3日ほど天気が続く日を
狙うのがコツです。時々、裏返してまんべんなく乾くようにします。
強い日差しのもと、どんどん梅が乾いていきます。
雨、水に濡れるのは絶対避けなくてはなりません。
梅干のいい匂いが漂っています。



umeboshi9
干したあと、ビンに保存して熟成させます。
保存のビンの内側は焼酎せ殺菌しておきます。

これは1年前に漬けた梅です。
市販の梅干しと違い、見た目は少々難ありで、種も大きいのですが
人工調味料など使っていないので梅の味が強い梅干しが出来上がり
ました。

結婚前までは梅干は食べれられなかったのですが、wifeが作るこの
梅干に出会ってからは梅干が好きになりました。
お弁当に入れると最高に美味しいです♪


スポンサーサイト

category: food

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurapypapa.blog81.fc2.com/tb.php/43-501b499f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

訪問者数

カレンダー

what's new !

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

全記事表示リンク

▲ Pagetop