Kurapyのよろず日記 ホーム » bicycle »坂を登る♪

坂を登る♪  

昨年の秋から坂道を走っています。
20140606_yabitu_2
蓑毛の一直線坂・・・この先、どこまで続くの(汗)
スピードが出なくて爽快感がないのになぜ?


はぁはぁと苦しいのになぜ?


どこが魅力なのかを考えてみました。


ロードバイクを始めたばかりの頃は坂を登れるか心配でした。
登りは息が切れるし足の筋肉を酷使するのでできるだけ避けて走っていました。

そのうち三浦半島を一周できるようになって、小さなアップダウンを経験するようになり
回数を重ねるうちに徐々に坂が登れるようになってきました。

そうこうするうちに「ヤビツ峠ってどんな感じかしらん??」と無謀な気持ちが湧いてきて・・・


昨年の11月にヤビツ初アタックです。
20131103_yabitu_8
登っている途中は息苦しい、帰路はヘロヘロな走りにまってしまうし翌日は筋肉痛と散々でした。


まだガーミン(サイクルコンピュータ)を持っていなかったので腕時計測定ですが、タイムは55分
くらいだったと思います。全くのダメダメタイムですが、不思議と達成感がありました。


そこで『なぜ坂道が魅力なのか?』・・・


【魅力その1】自己のスキルアップが数字で現れる。
フラットコースを走っても「脚力、スキルアップした!」を測定する物差しがありません。
昨年の11月に初アタックのタイムは約55分で目標は50分切りを目指す!でした。
それが50分切り、48分とタイムが短縮してくるとスキルアップが目に見えます。
今の目標は45分切りかな?


【魅力その2】大いなる喜びを味わえる
嫌な事、困難な事をのり越えたときには喜びを感じます。
Kurapyは元メカエンジニアです。
自分の設計した機構が設計通り完成するととても嬉しいです。
完成までには毎日残業、時には徹夜をして設計、試作、実験を繰り返して
失敗するとプレッシャーに折れそうになることもあります。

坂を苦しんで登る=困難な状況
完走する=困難を乗り越える
これで疑似的な成功体験を得ているのではと気付きました。
この場合の「困難」は途中でいつでも止めることのできるものなのです。
足つきすれば良いので・・・


【魅力その3】最大心拍数を経験ができる。
Kurapyの最大心拍数は177bpmです。(年は隠せませんネ)
普通の生活をしているとこの域に達する事はまずありません。
これも40数分後には必ず平常心拍数に戻るので終わりが見えて
いるので頑張れます。


【魅力その4】とても静かです。
早い時間にアタック開始すると、周りは驚くほど静かです。
聞こえるのは鳥の声と自分の激しい息づかいだけ。
そんな時にとても幸せな気分になれます。



気持ちイイ~ッ
20140502_ura_yabitu_13
裏ヤビツ



距離は短いけれどここも好きです。
20140615_snkksm_8
湘南国際村


でもやっぱりここがいいかな
20140606_yabitu_1
さぁ、40分苦しみましょう(笑)


うだうだ理屈をこねましたが坂が好きな一番の理由は・・・よく解りません。
別にHCレースに出場するつもりもないし誰かと争うつもりもありません。

平坦な海沿いの道を爽快に走るのも好きですが、最近は短い区間の登りを
良く走ってしまいます。不思議だなぁ???



でもそろそろ暑さが厳しくなってきたので秋まで控えることが必要かもしれません。





スポンサーサイト

category: bicycle

tb: 0   cm: 3

コメント

>マーチンさんへ
今のところヘタレですが記録が伸びているのでどうにか頑張っている感じです。
でも早い人を見るとどこが違うの?と不思議です。
まぁ、マイペースで自分の記録を抜くことを楽しみにしています♪
坂を登り始めてから抜かれても「ムッ」としなくなりました。

>やっこさんへ
ご主人のおっしゃるとおり「その疲れがいいんだよ~!」です(笑)
困難に立ち向かうというより苦しみから解放された事を楽しんでいます。
ん??これってMでしょうか(汗)

私は帰ってきたときはテンションが高くてゴロゴロしませんが、時間が過ぎて
夕食中に視点が固まってボーッとすことがあります。(笑)

Kurapy #kuX..F9k | URL
2014/06/21 23:22 | edit

そこに坂があるから?

自分を鞭打って坂を上るKurapyさん。
すばらしいです。
自分から困難に立ち向かって行く行為を
趣味としているなんて~!!

このごろ山やマラソンに凝っている主人に
「あのさー、疲れることやめてもっと楽に生きたら?」と
口出しすると、「その疲れがいいんだよ~!」って
言います。
よくわかりません(^_^;)

疲れて戻ってきて、ご飯を作らずに、
ゴロゴロしていていいのなら
やっこもやってみたいのですが、
たぶんできないだろうなぁ~。
(主人はゴロゴロもしないのですが・・・(笑))

やっこ #JalddpaA | URL
2014/06/21 11:07 | edit

こんにちは

坂道の魅力の分析、とても面白く読ませて頂きました。
チャレンジ、記録アップ、達成感等、魅力に溢れているのでしょうね!
私はまだその域にはほど遠く、坂道は出来れば避けたい心境ですが、確かにのぼりきった時の爽快感は、達成感と共に平地では得られないものですね!

更なるチャレンジ楽しみにしています。

マーチン #- | URL
2014/06/21 08:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurapypapa.blog81.fc2.com/tb.php/579-a3512703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

訪問者数

カレンダー

what's new !

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

全記事表示リンク

▲ Pagetop