Kurapyのよろず日記 ホーム » trip »北海道旅行(その5) ノーザンホースパーク

北海道旅行(その5) ノーザンホースパーク  

---------------- 北海道旅行記 その5 ----------------------


今年もノーザンホースパークへ行きました。


この15年間に10回ほど北海道に行ってます。
そのたびに毎回訪れるのがノーザンホースパークです。


私は競馬はやらないのですが、最初に北海道へ行ったとき、ノーザン
ホースパークへ行ってから、北海道へ行ったら必ずノーザン、となって
しまいました。



新千歳空港から近く、空港から無料シャトルバスも出ています。





n_horse_p1
可愛い看板が目印です。入場料は500円です。
知り合いから入場券を入手できるので毎年タダで入場できます♪





n_horse_p2
入口を進むとこの先に第1駐車場があります。

この道に入ると、毎年の記憶が蘇ります♪第2駐車場は少し離れた
ところになります。

まるで外国の公園みたいでしょ♪





n_horse_p3
レンタルサイクル、レンタル自動カートを借りて移動すると楽ですヨ!





n_horse_p4
緑が広がる敷地内には自転車で自由に走れます。
でも、足元には注意が必要です。
馬の「落し物」が道の真ん中に落ちていることがありますから
また、馬車が優先です。馬が通ったら道を譲りましょう。





n_horse_p5
馬車や乗馬も楽しめて身近に馬と触れあえます。





n_horse_p10
パーク内には色々なアクティビティがあります。
パターゴルフは広い敷地内で気持ちよく気軽に楽しめます。





ノーザンホースパークは社台グループが経営していて有名な産駒を多く
送り出しています。
ノーザンホースパークにも引退後のGⅠ優勝馬がいました。



n_horse_p6-1
n_horse_p6-2
トウカイポイントです。名前を聞いたことがあります。
調べてみたらすごい名馬なんですね!


トウカイテイオーの仔でGⅠマイルチャンピオンシップに優勝しています。


でも、気性があらく去勢されてせん馬となっています


種牡馬にはならず、ノーザンホースパークで乗馬、競技会に出ています。
詳しくはこちらへどうぞ!





n_horse_p7-1
n_horse_p7-2
障害競走で優勝しているブランデイズです。この馬もせん馬です。
気のせいか穏やかな顔をしています。

今回、色々調べて「せん馬」の存在を知ったのですが、ちょっと考えると
人間の都合で去勢させられるのは・・・・?なんて思います。

でも競馬の世界では常識なんでしょうね。




社台グループは知る人ぞ知る有名な産駒を送り出しています。
著名な馬達を展示パネルで紹介してるホースギャラリーがあります。



n_horse_p8
誰でも知っているディープインパクトです。
現在は社台スタリオンステーションで種牡馬として活躍しています。





n_horse_p9
現役のブエナビスタです。最強の牝馬です。





ということで写真ではなく本物のディープインパクトに会ってきました!







shadai_s_station1
ノーザンホースパークから車で10分ほどで社台スタリオンステーション
見学場に到着です。





shadai_s_station2
午前中はディープインパクト、午後はトウカイテイオーなどの
超一流種牡馬が直接見られます。でも一般の公開の時間は5分足らずです





shadai_s_station3
この柵はディープインパクト専用です。名前の札が掛っていました。
ここで一般公開をします。

ディープインパクトは本当に小柄でした。どこにあの爆発力があるのかしらん?と
思ってしまうほどです。

仔馬のころは小柄でセリで値がつかなかったそうです。

ディープインパクト出現以降は小柄な仔馬でも買主がつくようになったそうです。






shadai_s_station4
見学場を出て少し行くと社台スタリオンステーション事務所があります。


ここから先は一般の人は入れません。


ディープインパクト、クロフネ、シンボリクリスエス、トウカイテイオー
マンハッタンカフェなどなど、競馬をやらない私でも聞いたことがある有名な
馬が暮らしています。


涼しい北海道で、広い敷地でストレスなく過ごして多くの優秀な産駒を送り続ける
でしょう。





今年の北海道旅行は、
(1)美瑛&富良野の自然満喫ドライブ
(2)社台ファームでディープインパクトに会う

が目的でした。


天候に恵まれてどちらも目標達成できて充実した旅行でした


スポンサーサイト

category: trip

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurapypapa.blog81.fc2.com/tb.php/74-7b8123d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

訪問者数

カレンダー

what's new !

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

全記事表示リンク

▲ Pagetop